header_logo.GIF

各種市場調査なら グローバル・シーにお任せください。見積依頼は こちらから

新着記事

2011年10月24日

ウィンドウフィルム市場に関する調査結果2011

http://c.ams1.jp/?e=1kQnuB17nh5Ds2wesbU ○2011年の国内市場規模見込みは1,670万u、
建築用が震災・節電の影響で前年比1.5倍の規模に

○節電意識の高まりにより通年で省エネ効果が得られる
低熱貫流の断熱フィルムの需要が拡大

2011年夏場の電力不足は何とか乗り切ったものの、暖房が必要な
シーズンの到来を前にウィンドウフィルムが冬場にどのような効果を
発揮するかが問われている。
室内の熱のうち48%が開口部から室外へ逃げていくと言われ、
省エネを進める上でも熱貫流率の低い断熱フィルムが求められる。
断熱フィルムの需要は2009年には30万u程度であったが、
2010年には45万u(前年比150%)、2011年見込みで67万u(同148.9%)
と順調に拡大している。
posted by Mark at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 化学・製紙業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TwitterPowered by SEO対策119